発達障害の息子に足裏マッサージを実践しました!その効果は?

2歳

現在、2歳9ヶ月の息子は、言葉が一語も出ないことから言語聴覚士さんによる診断を受けました。

2歳ということもあり、発達障害だと断言はされていませんが、発達がゆっくりである可能性は高いと診断されました。

そんな息子に、小児科の先生から勧められた足裏マッサージと脊椎マッサージ。

発達障害に効果的だと教えてもらいました。

実際に、息子にマッサージを行った結果、驚きの効果がありました。

スポンサーリンク


発達障害児へのマッサージの効果

マッサージと言えば、疲れた大人に効果があるものだと思っていました。

小さい子どもにも、マッサージが効果的であるとは知りませんでした。

足裏マッサージと脊椎マッサージを毎日実践

小児科の先生からは、足裏と脊椎のマッサージを行うといいよ。と教えてもらいました。

足裏は、足裏の中心から指先とかかとへ向かって親指でスライドして刺激するというもの。

脊椎は、腰の部分から首のあたりまで、二本の指で背骨の一つひとつを触り、階段を上るような感じでトコトコトコトコとマッサージした後、手のひらで背中を上から下へさする。というものです。

出来るようであれば、足の指も一本ずつ軽くマッサージしてあげるといいよ。とも仰っていました。指の横を刺激すると尚いいそうです。

息子は、最初は触らせてくれないこともありました。

日中はジッとしてくれないので、寝る前に実践してみました。すると、とても気持ちがいいようで、おとなしく触らせてくれて、マッサージが終わるころにはそのまま寝てくれました。

一日1回は、出来たかな?という感じです。

日によってはお昼寝の前にも少しすることはありましたが、ほぼ夜の寝る前にしていました。

スポンサーリンク


実践して2週間で効果が現れた

マッサージを続けて2週間たったころです、今までクレーン現象(自分の指を使って指さしせずに、相手の腕や指を持って指すこと)をしていた息子が、自分の指で物を指すようになりました。

今までは、いつでもどこでも、外で大好きな電車が見えても、好きな絵本を読んでいても、私の指や腕を掴んで見てほしいところを指していました。

それが、自分の指で指さしするようになったのです!!

これには感動しました!!

更に、見て欲しい物を自分の指で指す時に、声も出るようになったのです。

今までは、無言で私の腕や指を持っていっていましたが、声が出るようになったのです。

他にも、今まで声を出して私を呼ぶことは少なかった(腕をひっぱりに来て声で呼ぶことが少なかった)のですが、「あー!」とか「おかー!!」と言って私を呼ぶようになりました。

2週間で、効果が現れたのには驚きです。

スポンサーリンク


足裏マッサージは脳への刺激になる

以前、テレビで認知症を防ぐのには、足裏を刺激するといいということを聞いたことがあります。

「きくち体操」って聞いたことありませんか?

何度かテレビでも取り上げられていて、本も沢山出版されています。

きくち体操は、高齢者向けで老後を元気に過ごそう!という本なのですが、認知機能を高めるという点では、子どもも同じです。

この「きくち体操」で足裏は大事だ!!と何度も仰っていた記憶があります。

息子のマッサージをしながら、このことを思い出して、足裏マッサージは本当に効果があるのかもしれない・・・と思ったのです。

まとめ

たかがマッサージで・・・と半信半疑でしたが、2週間で効果が現れました。

神経を刺激するということが、脳への刺激になるということなのでしょう。

小児科の先生が仰っていたのは、触ってもらっているという感覚が大事ということでした。

強く刺激するとか、そいったことではなくて、私は感覚を刺激してあげるような感じでマッサージをしてあげています。

もちろん、マッサージだけでなく、言葉が出やすくなるような接し方も大切なので、そちらも実践中です!

まだ2週間しか経っていないので、今後マッサージを続けた結果、どう変化していったか記録していきます。

 

コメント

  1. […] 〔関連記事〕発達障害の息子に足裏マッサージを実践しました!その効果は? […]