じゃがいもの冷凍方法 余ったじゃいもを有効活用しよう!

料理

安くて使い道の多いじゃがいも。我が家もまとめて購入しています。

日持ちがするし・・・と置いておくと気が付けば芽が出てしまっていることも。

そうなる前に冷凍しておくととっても便利です。芽が出て使えなくなる前に!有効活用しましょう。

スポンサーリンク


じゃがいもの冷凍方法

冷凍は出来ないというイメージがあるかもしれませんが、火を通してから冷凍すれば問題なく使用できます。

薄くスライスして茹でてから冷凍

じゃがいもを薄くスライスし、軽く茹でます。あまり茹ですぎるとボロボロになるので、固めに茹でるのがポイントです。

粗熱がとれたら、キッチンペーパーでしっかり水分をとって(水分をしっかり取らないと、全部一緒に凍ってしまします)ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍します。

お味噌汁の具や、炒め物にちょっと加えるなど色々使えるので便利です。

しっかり水分をとって冷凍しておけば、パラパラになってくれるので使いたい分だけ使うことができますよ。

スポンサーリンク


マッシュポテトにして冷凍

茹でたじゃがいもをマッシュポテトにして冷凍するという方法もあります。

茹でたじゃがいもを潰して、ジップロックなどにいれたら、空気をしっかり抜いて密閉します。

そのまま冷凍庫で冷凍します。

潰すという手間がありますが、あらかじめ作っておくと後は解凍して味付けするだけなのでとても便利です。

冷凍期間は1か月

冷凍した状態で美味しく食べられるのは1か月くらいです。

それ以上も食べられますが水分が減っていきますので、なるべく早く消費しましょう。

まとめ

沢山買うとやはり安く手にいれることができるので助かるジャガイモ達。それを余らしてしまってはもったいない。

芽が出たり、なんだかふにゃっとしてしまう前にまとめてササっと下処理してしまいましょう!

一気にすれば、お水や洗い物も1度で済むので節約になりますよ。

スポンサーリンク