マグちゃんの使い方はとっても簡単!洗濯機に入れるだけ

洗濯

消臭、洗剤効果が強いとテレビでも話題のマグちゃん。

使い方はとっても簡単!洗濯機に入れるだけです。詳しく説明していきます。

スポンサーリンク


マグちゃんの使い方

宮本製作所さんから販売されているマグちゃんは、いくつか種類があります。

どの種類も基本的には洗濯物を一緒に洗濯機に入れるだけ!とっても簡単です。

マグちゃんシリーズの種類

洗濯に使用するマグちゃんには3種類あります。

  • 洗濯マグちゃん
  • ランドリーマグちゃん
  • ベビーマグちゃん

洗濯マグちゃんはいつものお洗濯(洗剤使用)にプラスして使用することを推進されている商品です。

ランドリーマグちゃんとベビーマグちゃんは洗剤不要です。洗剤は不要で、洗濯機にランドリーマグちゃんやベビーマグちゃんを入れるだけでお洗濯できるという商品です。

マグちゃんシリーズの種類については別記事で書いていますのでご覧ください。

関連)洗濯マグちゃんとベビーマグちゃんの違い マグちゃんシリーズの種類を解説!

使い方

マグちゃんシリーズの使い方はとても簡単です!

洗濯機に洗濯物とマグちゃんを一緒にポイっと入れるだけです。

マグちゃんを入れる個数は次の通りです。

  • 洗濯マグちゃんの場合

洗濯マグちゃんは洗剤と併用が推進されている商品ですので、いつものお洗濯に洗濯マグちゃんを入れるだけです。

洗濯マグちゃん1個で6~8kgの洗濯槽容量に対応しています。

  • ランドリーマグちゃんの場合

ランドリーマグちゃんは洗剤はいりません。ランドリーマグちゃんのみ洗濯物を一緒にいれます。

<使用量の目安>

洗濯物5キロの場合 ランドリーマグちゃん1個
洗濯物10キロの場合 ランドリーマグちゃん2個

  • ベビーマグちゃんの場合

ベビーマグちゃんもランドリーマグちゃん同様に洗剤無しで洗える商品です。

ベビーマグちゃんはマグネシウムの量がランドリーマグちゃんに比べて少量ですので、少ないお洗濯の量でも使えます。

<使用量の目安>

洗濯物3キロの場合 ベビーマグちゃん1個
洗濯物6キロの場合 ベビーマグちゃん2個
洗濯物9キロの場合 ベビーマグちゃん3個

洗濯物の量に合わせて、洗濯機にポイっと入れるだけ!簡単で汚れもニオイも綺麗サッパリ無くなります。

スポンサーリンク


乾燥サイクルでも使用可能だが、メッシュの痛みが早まる可能性も

いつものお洗濯が洗い~乾燥までフルコースでお洗濯されている方も多いと思います。

マグちゃんシリーズは乾燥の最後まで入れたままでも問題ありません。

しかし、メッシュの痛みが早くなる可能性があるため、万が一メッシュが痛んできたなと思ったら、メッシュの袋を変える必要があります。

中身のマグネシウムを取り出して、小さい洗濯ネットにマグちゃんのみを入れて洗うか、自分でガーゼなどで袋を作ってマグネシウムを入れてもいいですね。

マグネシウムは小さい粒ですので、洗濯機の中に散らばらないように注意しましょう。

水量はきちんと守る。節水のしすぎは逆効果

水の量が少ないと早くアルカリイオン水に変わるようですが、お洗濯としては水の量はきちんと守る必要があります。

必要以上に水が少ないと、洗濯物にきちんとアルカリイオン水がいきわたらない可能性があります。

これでは本末転倒。節水しすぎると逆に臭いや汚れが残ることがあります。

水の量は守りましょう。

使った後はしっかり乾かしてから保存

お洗濯が終わったら、マグちゃんも洗濯物と一緒に干してしっかり乾かしましょう。

マグネシウムが入っている袋は何層にも重なったメッシュです。

塗れたまま放置するとカビや臭いの原因となりますので、しっかりと乾かしましょう。

スポンサーリンク


まとめ

お洗濯に使用するマグちゃんの使い方はとっても簡単です!

洗濯物と一緒に入れるだけという簡単作業。

簡単で快適なお洗濯!みなさんも是非試してみてくださいね。