水いぼを放置するとどうなる?治療した方がいいの?治し方を先生に聞きました

5歳

夏の初め頃に5歳の長男が水いぼになりました。

体に白いプツプツが出来る水いぼ。

何か治療法がないのか、皮膚科の先生に聞きました。

スポンサーリンク

水いぼの治療法

皮膚科の先生に聞くと、水いぼは放置しておいていいそうです。

自然と治っていくので、特に治療する必要はありません。というお答えでした。

水いぼを放置して数か月から半年で治る

水いぼは、自然治癒させるのが一般的で放置しておいても数か月から半年で自然と消えてなくなるそうです。

体の中に免疫ができると、水いぼが増えなくなり治癒し、二度とかからなくなります。

まれに1年くらい治るのにかかる子もいるそうですが、必ず治るので、何もしなくても大丈夫です。

実際に私の長男も何の治療もしませんでしたが、半年で綺麗に無くなりました。

水いぼをピンセットで取る方法もある

水いぼを早く治してしまいたい!!と思う方は、皮膚科で水いぼをピンセットで取ることもできます。

水いぼができている箇所に麻酔テープを貼り、ピンセットでとっても痛みを感じにくくするそうですが、考えただけでも親の方が耐えられません。

痛くなくても何個も何個も取るなんて、現実的ではありません。

一度で済めばいいのですが、免疫ができるまで水いぼは出続けますので、ピンセットで取るより自然と出来なくなるのを待った方がいいでしょう。

スポンサーリンク

必ず治るので安心して!

水いぼは、見た目も可愛そうになってしまいますし、夏場の薄着になる季節やスイミングを習っている場合などは、早く治してあげたくなりますね。

しかし、一度水いぼになれば二度とかかることはありませんから、焦らずゆっくり待ってあげましょう。

必ず治ります!!

まとめ

体にプツプツが出来ているのに、放置でいいの?と不安になりますよね。

しかし、水いぼは自然治癒が一般的です。

長男も本当に綺麗に無くなりました。スイミングはしばらく休みましたが、そのほかは特に何も問題なく過ごせました。

放置してもきちんと治りますので安心してくださいね。

スポンサーリンク