アイロンビーズで息子と電車を作ってみた

子育て

新型コロナウィルスの影響で、ほぼ家にいる息子。

最初は喜んでいましたが、2週間もすると、暇だ~暇だ~と時間を持て余しています。

まだ1年生なので、勉強といってもする時間はしれています。ドリルを買ってみましたが、それもあっという間に終わってしまいました。

自粛も長くなりそうなので、何か他のことを初めてみようかな、と思っていた時に、息子が図書館でアイロンビーズの本を借りてきました。

図書館は、予約していた本のみ借りることが可能で、以前に予約していたアイロンビーズの本の順番が回ってきていたのです。

コレだ!と思い、早速材料を揃えて初めてみると、大正解!想像以上に楽しんでくれて、夢中になって何個も作っています。

せっかくなので、ブログで作った作品を紹介することにしました。

アイロンビーズで電車を作ってみた

アイロンビーズといっても、種類は様々。100円ショップで売っているものから、おもちゃ屋で打っているものなど。

まずは、今回私が使用した材料などについてご紹介します。

どのアイロンビーズがいいの?

暇つぶしだし、100円ショップのアイロンビーズでいいかな・・・と思ったのですが、色々と調べてみると、種類が違ったりすると熱での溶け方が違ったりして、上手くいかないこともあるようでした。

100円ショップでは、時期によっては買いたい色のビーズが売り切れている可能性もあります。

商品の入れ替わりも激しいし、長い期間作るには、向いていないかな?と思ったので、近くのおもちゃ屋さんで、購入できるアイロンビーズにしました。

我が家は、ボーネルンドのハマビーズにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハマビーズ・Sビーズ シロ
価格:253円(税込、送料別) (2020/4/4時点)


これなら、色も豊富だし、欲しい色が販売していない!という心配もありません。

我が家の近くで売っていたということも、コレに決めた理由の一つです。

まずは、本を見て作ることに

アイロンビーズの本を息子が借りてきてくれていたので、まずは本に載っている物を作ってみることにしました。

参考にしたのはこちらの本です。


アイロンビースでつくる 新幹線&電車 という本です。

この本は、電車好きにはたまらない!!たくさんの電車がアイロンビーズで作れます。

最初に息子と作ったのは、JR東日本のE231系山手線。

関西在住ですが、一番に作りたかったのはコレだそうです。

そして、なぜか続けて2個同じ物を作っていました。

相当楽しくなってきたようで、次から次へと作っていく息子。

次に作ったのは、E231系中央総武線。

E257系 あずさ・かいじ も作りました。

関東の電車は、私はさっぱりわからないのですが、息子は楽しく手仕方が無いようで、あれもこれも!と作っていました。

関西の電車にも挑戦

本に載っている本でいくつか作った後は、やっぱり身近な電車を作りたくなったようで、阪急!!を作りたい!と言い出しました。

阪急といえば、あのマルーン色。

マルーンに近い色があるか、お店に見に行きましたが、販売しておらず。

大きい店舗だと売っているようですが、私の近くのお店には売っていませんでした。

ということで、他の関西の電車を作ることに。

息子が作ったのは、阪神電車。

9300系と5500系 だそうです!!!

これは、インターネットで作り方を検索して、作りました。

マニアック・・・。でも楽しい!!

まだまだ作るよ!

アイロンビーズは、細かい作業ですが、息子を夢中にさせてくれています。

今、作っているアイロンビーズの電車は小さいサイズなので、1つが30分もあれば完成します。

「出来た!」の達成感が嬉しいようで、まだまだ作ってくれそうです。

息子が作りたいと言っている、阪急電車のマルーンカラーのアイロンビーズは、ワインレッドを使うことに。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハマビーズ・Sビーズ ワインレッド
価格:253円(税込、送料別) (2020/4/4時点)


ワインレッドのアイロンビーズも注文したので、これからしばらくはアイロンビーズが楽しめそうです。

まとめ

小学生になって、物を作ることへの集中力が増してきました。

また、作ってみたい!という意欲も出てきています。

折り紙も息子とよく作っていたのですが、作った作品を捨てずに取っておきたいタイプの息子。

かさばる折り紙作品が山のように・・・。他の物にシフトしたいと思っていたので、アイロンビーズはヒットでした!

アイロンビーズは、最後に熱を加えるところだけ、私が作業していますが、作る作業は全て息子が図案を見ながら黙々と作っています。

家にいる時間がたっぷりある今だからこそ、出来ることかもしれません。

時には、私も一緒になって黙々と作業する。結構楽しいです!