手荒れ・あかぎれにおすすめのニトリル手袋 ピッタリフィットで使いやすい商品はコレ!

冬になると悩まされる手荒れ。家事をしていると、どうしても手がカサカサしてしまいます。私自身も冬にはあがぎれに悩まされていました。

保湿クリームや皮膚科にお世話になったりしたものの、家事をしているとなかなか治すことはできません。そんな時にお勧めなのがニトリル手袋です。

スポンサーリンク

手荒れ防止にはニトリル手袋

普段からゴム手袋を使っていましたが、着脱が面倒なことと、洗い物には使用できますが、ゴワゴワしていてお料理をするときには使いずらいです。

そんな時、仕事場でニトリル手袋を使う機会があり、ピッタリフィットで素肌感覚!とても使い安かったのでインターネットで探しました。

ありました!ありました!沢山の商品が出てきたので、気になった物を試してみた結果、この手袋が一番使いやすかったです。

ニトリル手袋を選ぶ時はフィット感重視

今回、ニトリル手袋を選ぶ際に重要視したのが、フィット感です。ニトリル手袋でもピッタリフィットしない物もあり、作業中に脱げてしまうことも。

私は女性の中でも手は大きい方です。ですが、Sでも問題ありません。このニトリル手袋は伸びやいいので、しっかりフィットしてくれます。

ただ、指の間が若干隙間が出来ますので、私も手が大きい!という方はMサイズもありますので、そちらでも問題ないと思います。

パウダーフリーが嬉しい

ニトリル手袋はパウダー付きとパウダーフリーがあります。手袋の中に白い粉がかかっているのがパウダー付きです。何もついていないのがパウダーフリーです。

パウダーが付いている手袋は脱ぎやすいのですが、粉が手に付くのがなんとも嫌な感じなので、私はパウダーフリーを使っています。

 

スポンサーリンク

お料理でも大活躍!

手荒れ防止には、お皿洗いやお掃除など洗剤を使う時やお湯を使う時に使用されている方が多いと思います。ですが、私が一番気になっていたのはお料理をするときです。

野菜などを洗う時、包丁をさっと洗いたい時・・・。以外と水やお湯を使うことが多く、その時間も長いです。

お料理中にゴム手袋を使うと指先が太くてうまく出来ないですし、素手でされている方が多いのではないでしょうか。

ニトリル手袋は手にしっかりフィットしているので、手袋をしていない時と同じ感覚でお料理することができます。手袋したまま、手を洗って次の作業にかかれますので、素手と同じ状態で作業が出来ます。

油汚れが残っているかも分かる

洗い物で手袋をしていると、落ちているのかわからないから素手で洗っているという方のお話しをよく聞きます。ニトリル手袋は素材が薄いので、油汚れが残っているかわかります。

手袋をしているとお湯で洗うことが出来ますし、しっかりと汚れが取れ、尚且つお湯で洗うと洗った後の水切れがいいので、お皿など拭く時間も短縮されます。

使い終わったらポイ!

ゴム手袋の置き場に困ったことはありませんか?キッチンにぶら下げておくのは見た目やインテリアとして嫌だな・・・と私自身感じていました。

ニトリル手袋は、使った後はゴミ箱にポイ!手袋は1回に両手分使いますので、コストは約13円!

これで、ハンドクリームや皮膚科に行かなくていいとなると、節約にもつながりますね。

まとめ

家事は主婦にとっては絶対な作業です。手荒れを気にして、冬の寒い時に冷たい水で洗うと指先が冷えますし、汚れも上手く落ちません。

そんなデメリットを感じるのであれば、1回13円の手袋を使った方が断然いいと私は感じています。

手袋をつける前にちょっと保湿クリームをつけておくと、しっとりつるつるの手が維持できますよ。

スポンサーリンク 

 

ー関連記事ー

育児での手荒れ対策 おむつ替えなどであかぎれしてしまっているママにおすすめのクリーム
私自身、子育て真っ最中で手荒れに悩まされています。毎日のオムツ替えで頻繁に手を洗い、子供が1歳に満たない時は夜中でもオムツを何度も変えるため、その度に手洗い。もちろんハンドクリームなんてその都度つけていられません! 色んなクリームを試...
ランドリーマグちゃんは本当に汚れと臭いを落とすのか?水道水だけで洗ってみました。
ランドリーマグちゃんを入れると洗剤なしでお洗濯できると話題ですが、マグちゃんを入れても泡たつわけでもないので、本当に効果があるのか? ランドリーマグちゃんを入れずに水道水だけでも結構綺麗に落ちているんじゃ無いの?と疑問に思ったので実際に水道水だけで洗ってみました。
タオルには柔軟剤は不要! タオルの吸水性を損なう恐れが
タオルをフワフワにしたくて柔軟剤を使っていませんか?実は柔軟剤はタオルの吸水性を損なう恐れがあります。詳しく解説していきます。
タオルのパイルの糸がほつれたら切ってもいいの?糸が出た時の対処法
タオルを何かに引っかけてしまい、糸が出てしまったことはありませんか?そんなとき、糸は切ってもいいのでしょうか?詳しく解説します。
箱ティッシュを持ち歩く方法 花粉症や鼻かぜでも安心!箱ティッシュを持ち歩こう
花粉症の季節や鼻風邪をひいた時の外出はポケットティッシュが必須ですが、どうにもこうにも鼻水が止まらない時は箱ティッシュを持ち歩きたい!と思ったことはありませんか? そんな方に必見!箱ティッシュを持ち歩く方法をご紹介します。 スホ...