手作りポップコーン 残った不発のコーンをもう一度レンジで再加熱してみた

料理

自宅で簡単に作ることが出来るポップコーン。価格も安いことから我が家でも子供のおやつに大活躍しています。

ポンポンと弾けて袋が大きくなる様子も子供たちは大好きです。

自宅で作るポップコーン、完全に全部を弾けさせることは難しく、不発コーンが残ってしまいます。

この残ったコーン、もう一度チンしてみたら食べられるのではないか?と思い立ち試してみました。

スポンサーリンク


不発のコーンを再加熱してみた

レンジでチンするタイプのポップコーンは加熱しすぎると焦げてしまうこともあり、早めにレンジから出すことが多いです。

そうすると最後の最後までコーンを弾けさせることは難しくなります。

レンジでチンしてポップコーンを作ると、いつもこれくらい残ってしまいます。

この不発を捨てるのは勿体ないので、コーンを再加熱してみました。

弾けず残ったコーンを封筒に入れてチン

不発のコーンを手持ちの封筒に入れてみました。

レンジでチンすると、コーンは勢いよく弾けますので、封筒の口はしっかりと閉じておきます。

不発コーンを封筒に入れて、しっかりと口を閉じたら電子レンジに入れます。

加熱時間は、500wで1分~ 様子を見ながら加熱していきます。

不発コーンは、熱が少し入った状態ですので、通常の加熱時間より短い時間で弾けてくれます

加熱しすぎると焦げてしまいますので、注意が必要です。

スポンサーリンク


ちゃんとポップコーンになりました!

封筒に入れて500wで1分20秒くらいで封筒はパンパンに!

焦げてしまう前に、加熱をストップ。

お皿に入れるとこんなに沢山のポップコーン!!

不発コーン捨てなくてよかった・・・。

ちょっと焦げやすい

先ほども書きましたが、不発コーンは焦げやすいので加熱時間は短めにしましょう。

コーンの数が少ないからか?一度加熱されているからか?

コーンが弾けだすのが早いです。

再加熱の場合は、初めは1分にセットしておき、その後は様子をみながら20秒ずつ追加しながら加熱しましょう。

味が薄くなっているので塩を入れてシャカシャカ

初めに作ったポップコーンより、不発コーンは味が薄くなっています。

再加熱して出来上がったポップコーンは、封筒に入っている間に塩を振りかけて、もう一度封筒の口を閉じて、シャカシャカ振ってください。

袋の中でシャカシャカすると、ムラなく味付けすることができます。

まとめ

自宅で作ると必ず出てくる不発コーン。

一度目のポップコーンを焦がしたくないと思い、短めに加熱するようになってから残ったコーンを捨てるのがもったいなくなっていました。

ふと、もう一度加熱したらポップコーンが出来るのでは?と思い試したみたところ大正解!!

ちゃんとポップコーンになりました。

最後の1粒まで・・・は難しいですが、不発コーンは捨てずに再加熱してみてください。

再加熱しても美味しく食べることができますよ!

スポンサーリンク